組織概要

各種申請様式

 








行事の共催等に関する要項
※今般の新型コロナウイルス感染症の状況を踏まえ、従来の申請書類に加え、
 新型コロナウイルス感染予防対策に関する書類を合わせてご提出下さい。


後援・共催・協賛申請書

事業報告書




          入会申込用紙


   入会申込用紙


  その他
    画像使用許可申請書

 



定款

        
       公益財団法人沖縄県スポーツ協会定款(PDF)



沿革

沖縄県スポーツ協会の歩み

大正13年4月 民間のスポーツ愛好者により「沖縄運動協会」が結成される。
昭和5年11月 文部省や県の行政指導により「沖縄県体育協会」が設立。
昭和21年4月14日 沖縄体育協会発足。
昭和21年9月28日 全島秋季体育大会開催
厳しい占領統治下にあっても、当時の沖縄民政府の文教部、文化部と体育協会の三者の共催で「全島秋季体育大会」を行った。
戦争で、すべてを失った沖縄の若者に、スポーツを通して希望と気力を与え、戦後の沖縄スポーツの振興に大きく寄与した画期的な快挙であった。
昭和23年7月13日 「沖縄体育協会」再建発足。
本会運営の充実を図り、県内における各種体育スポーツ団体を統括してスポーツを振興し、県民の体育向上を図り、スポーツ精神を養うことを目的として沖縄体育協会が再建発足した。
昭和27年 国民体育大会に初参加。米国の施政権下にあって、第7回国民体育大会(福島県・宮城県・山形県開催)に初めて沖縄選手団・11名(陸上競技)が参加した。祖国日本から分離された状況の中において、国体参加の意義は極めて大きく、それを契機にスポーツの振興は飛躍的に進展した。
昭和32年4月6日 法人組織に移行し「財団法人沖縄体育協会」と名称を改めた。
昭和41年9月5日 沖縄県スポーツ少年団創設。
昭和47年5月15日 本土復帰により、名称も「財団法人沖縄県体育協会」となった。
昭和48年3月 「体協会館」建築完成。
昭和48年5月3日~6日 「復帰記念特別国民体育大会」”若夏国体”が開催された。この年から、九州ブロック大会(国体予選競技)を経て国体に出場するようになった。
昭和59年7月4日 「第42回国民体育大会(夏・秋季)」が(財)日本体育協会の理事会で沖縄県開催を正式に決定した。
昭和62年 「第42回国民体育大会”海邦国体”」開催。天皇杯、皇后杯を獲得し、総合優勝を成し遂げた。
(夏季:9月20日~23日、秋季:10月25日~30日)
昭和63年 県民体育大会の主会場として先島地区(宮古・八重山)における開催が決定。従来の4地区から5地区の持ち回り開催となる。
平成6年6月17日 (財)沖縄県体育協会 協会旗を一般公募し知念繁夫氏のデザインにより制定。
平成7年3月 「財団法人沖縄県体育協会史」を発刊。
平成8年5月 「スポーツ振興協賛金(ゴルフ募金)」の活動開始。
平成9年3月 沖縄県スポーツ少年団「30周年記念誌」を発刊。
平成10年7月 国民体育大会ユニフォームのデザイン変更(夏・秋季)。
平成10年10月 (財)沖縄県体育協会寄附行為の改正。
平成11年2月 国民体育大会ユニフォームのデザイン変更(冬季)。
平成12年4月1日 県トライアスロン連合が加盟。
平成13年1月 (財)沖縄県体育協会将来構想策定検討委員会の答針を受け、理事会において決定。
平成14年4月1日 県ダンススポーツ連盟、県武術太極拳連盟が加盟。
平成14年5月23日 豊見城市体育協会が加盟。
平成16年4月1日 県グラウンド・ゴルフ協会が加盟。
平成17年4月1日 平成17年4月1日県少林寺拳法連盟が加盟。
市町村合併(具志川市、石川市、勝連町、与那城町)により、うるま市へ名称変更。
平成18年5月25日 南城市体育協会(市町村合併:知念村、佐敷町、玉城村、大里村)が加盟。
現在、本会加盟団体は競技団体(46)、地方団体(14)、学校体育団体(3)、合計(63)
平成20年4月1日 県スケート連盟が加盟。
現在、本会加盟団体は競技団体(47)、地方団体(14)、学校体育団体(3)、合計(64)
平成24年4月1日 公益財団法人沖縄県体育協会へ移行。
「特定公益増進法人」の資格取得。
平成25年4月1日  体協会館の老朽化に伴い移転(那覇市山下町18-26の沖縄県住宅供給公社内)
平成26年6月12日  県障がい者スポーツ協会が加盟。
現在、本会加盟団体は競技団体(48)、地方団体(14)、学校体育団体(3)、合計(65)
平成27年4月30日 「沖縄県体協スポーツ会館」完成(那覇市奥武山町51-)
平成27年5月22日  沖縄県体協スポーツ会館落成式典並びに創立90周年事業開催。
平成27年6月11日  県ウォーキング協会が加盟。
現在本会加盟団体は競技団体(49)、地方団体(14)、学校体育団体(3)、合計(66)
平成27年9月 国民体育大会ユニフォームのデザイン変更(本大会)
平成28年4月1日 公益財団法人変更認定
(スポーツコンベンション事業の新規設置・会館管理運営事業を公益目的事業へ変更)
県合気道連盟が加盟。
現在本会加盟委団体は競技団体(50)、地方団体(14)、学校体育団体(3)、合計(67)
平成28年6月16日 県ペタンク協会が加盟。
現在本会加盟団体は競技団体(51)、地方団体(14)、学校体育団体(3)、合計(68)
平成29年4月1日 会長制から理事長制(法人法上の代表理事)に組織改編。
平成30年6月19日 県エアロビック連盟が加盟。
現在、本会加盟団体は(52)、地方団体(14)、学校体育団体(3)、合計(69)
令和元年6月18日 県キンボールスポーツ連盟が加盟。
現在、本会加盟団体は(53)、地方団体(14)、学校体育団体(3)、合計(70)
令和2年4月1日 公益財団法人沖縄県スポーツ協会へ名称変更
令和2年6月16日 県ボディビル・フィットネス連盟が加盟
現在、本会加盟団体は(54)、地方団体(14)、学校体育団体(3)
合計(70団体)※1団体休会中


 

法人組織以降の歴代会長

初代 当間 重剛 昭和32年4月 昭和37年12月
二代 渡嘉敷 真睦 昭和38年1月 昭和39年3月
三代 当間 重剛 昭和39年4月 昭和44年7月
四代 石原 昌直 昭和44年8月 昭和46年5月
五代 小橋川 寛 昭和46年6月 昭和48年5月
六代 大里 喜誠 昭和48年6月 平成3年3月
七代 吉田 正善 平成3年4月 平成11年3月
八代 金城 昭七 平成11年4月 平成13年3月
九代 稲嶺 惠一 平成13年4月 平成19年3月
十代 仲井眞 弘多 平成19年4月 平成26年11月
十一代 翁長 雄志 平成27年4月 平成30年8月
十二代 玉城 デニー 平成30年12月 現在

 



機構図

沖縄県スポーツ協会の目的

本県スポーツの競技力向上と健全なスポーツ精神の確立に努めるとともに、体育・スポーツを振興し、青少年の健全育成並びに県民の健康・体力の保持増進を図り、生涯に亘ってスポーツに親しみ、心身ともに健康で明るく心豊かな人間を育成し、県勢の発展に寄与する。

 

機構図



  令和2年7月1日 現在

  

 

 



役員一覧

公益財団法人沖縄県スポーツ協会役員名簿(令和3年6月25日現在)

区分 役職名 氏名 所属団体 所属団体役職名
理事長
(副会長)
瑞慶覧 長行    
副会長 真栄城 勉    
副会長 山入端 惠子 沖縄女子短期大学 非常勤講師
副会長 仲本  豊 一般社団法人沖縄県経営者協会 理事
副会長 川上 睦子 沖縄県文化観光スポーツ部 文化スポーツ統括監
副会長 半嶺 満 沖縄県教育委員会 教育指導統括監
専務理事 渡嘉敷 通之    
常務理事 日越 延利 バスケットボール協会 専務理事
常務理事 宮本 裕二 レスリング協会 副会長
10 常務理事 石川 達義 名護市体育協会 常務理事
11 常務理事 新垣 聡 南城市体育協会 理事長
12 常務理事 津波古 要 中学校体育連盟 理事長
13 常務理事 中村 健 高等学校野球連盟 理事長
14 常務理事 高宮城 邦子 県スポーツ振興課 課長
15 常務理事 城間 敏生 沖縄県保健体育課 課長
16 常務理事 大城 史子 沖縄リハビリテーションセンター病院 リハビリテーション科長
17 理 事 名幸 芳徳 ペタンク協会 理事長
18 理 事 久場 研吾 相撲連盟 事務局長
19 理 事 稲福 喜一郎 水泳連盟 事務局長
20 理 事 与世田 兼稔 ゴルフ協会 副会長
21 理 事 宮城 紀子 武術太極拳連盟 副理事長
22 理 事 上原 新功 少林寺拳法連盟 理事
23 理 事 登川 圭一 卓球協会 事務局長
24 理 事 瀬長 睦子 なぎなた連盟 常任理事
25 理 事 儀間 真美 アイスホッケー連盟 理事長
26 理 事 比屋定 英信 パワーリフティング協会 副会長
27 理 事 渡名喜 庸伸 宜野湾市スポーツ協会 副会長
28 理 事 新崎 寛治 浦添市スポーツ協会 副会長
1 監 事 西銘 進 健康保険組合連合会沖縄連合会 事務局長
2 監 事 渡口 彦和 沖縄銀行システム部 上席業務役

印刷用→→→公益財団法人沖縄県スポーツ協会役員名簿(PDF)



事業計画 予算

公益財団法人 沖縄県体育協会 事業計画

 

※下記をクリックするとPDFデータが開きます
2019年度 月別事業計画
平成30年度 月別事業計画
平成29年度 月別事業計画
平成28年度 月別事業計画
平成27年度 月別事業計画
平成26年度 月別事業計画
平成25年度 月別事業計画
平成24年度 月別事業計画


 

会計収支予算関係資料

 

年 度 正味財産増減計算書(総括表) 収支予算書(総括表)
2019年度 PDF PDF
平成30年度 P D F P D F
平成29年度 PDF PDF
平成28年度 PDF PDF
平成27年度 PDF PDF
平成26年度 PDF PDF
平成25年度 PDF PDF
平成24年度 PDF PDF


事業報告 決算

平成29年度 公益財団法人沖縄県体育協会 事業報告

事業名 ファイル
 1.事業報告 概要 PDF
 2.沖縄県民体育大会開催事業 PDF
 3.県スポーツレクリエーション祭開催事業 PDF
 4.競技力向上対策事業 PDF
 5.九州ブロック・国体派遣事業 PDF
 6.スポーツ指導者育成事業 PDF
 7.普及広報・スポーツ医・科学研究事業 PDF
 8.スポーツ少年団事業 PDF
 9.総合型地域スポーツクラブ育成事業 PDF
10.スポーツコンベンション事業 P D F
11.会議等に関する事項 PDF

 

 

平成29年度 会計収支決算関連資料 

書類名 ファイル
 1.貸借対照表 PDF
 2.正味財産増減計算書(総括表) PDF
 3.正味財産増減計算書(内訳表) PDF
 4.財産目録 PDF
 5.財務諸表に対する注記及び附属明細書 PDF
 6.収支計算書(総括表) PDF
 7.収支計算書(内訳表) PDF

 

旧年度 事業報告・決算関連資料

 

年 度 事業報告 決算関連資料
平成23年度 PDF PDF
平成24年度 PDF PDF
平成25年度 PDF PDF
平成26年度 P D F P D F
平成27年度 P D F P D F
平成28年度 P D F P D F


議事録

議事録一覧

 

議事録名 ファイル
 平成24年度第1回理事会 PDF
 平成24年度評議員選定委員会 PDF
 平成24年度定時評議員会 PDF


規程集

沖縄県スポーツ協会規程集

規程・規則等名
1.加盟団体規程
2.賛助会員規程
3.評議員会規程
4.理事会規程
5.専門委員会規程
6.総務委員会規則
7.競技力向上対策委員会規則
8.指導者育成委員会規則
9.スポーツ医・科学委員会規則
10.沖縄県スポーツ少年団規程
11.沖縄県スポーツ少年団指導者協議会会則
12.沖縄県スポーツ少年団表彰規程及び同細則
13.表彰規程及び同細則
14.競技力向上対策事業補助金交付要綱
15.優秀選手奨励金交付要項
申請・報告様式
16.スポーツ指導者海外研修等派遣費補助金交付要項
17.国民体育大会の派遣監督・選手に対する激励金及び優勝者に対する賞賜金の交付要項
18.評議員選定委員会規程
19.評議員及び役員選任規程・同細則
20.学識経験者評議員候補者、理事候補者及び監事候補者推薦委員会規程
21.名誉会長・顧問及び参与推薦基準規程
22.役員の報酬及び費用に関する規程
23.役職員旅費支給規程
24.経理規程
25.事務局規程及び別表
26.職員就業規程
27.事務嘱託員設置要項
28.行事の共催等に関する取扱い要領
申請・報告様式
29.スポーツ仲裁に関する規則
30.公益財団法人沖縄県スポーツ協会体育館及び会議室使用規程
31.公益財団法人沖縄県スポーツ協会体育館及び会議室使用規程細則
32.育児介護休業規程
3.資金運用規程

 



所在地・アクセス

公益財団法人 沖縄県スポーツ協会所在地

〒900-0026
 沖縄県那覇市奥武山町51-2
 沖縄県体協スポーツ会館

TEL 098-857-0017
FAX 098-857-0085
メールアドレス okinawaken@japan-sports.or.jp


 ※モノレール壺川駅下車徒歩5分
 ※駐車スペースがないため、本会へお越しの際には公共機関をご利用下さい。 

 

 詳細な地図はこちら